ファンタジー  |  2015.09.27

週刊少年ジャンプ期待の新作『ブラッククローバー』に学ぶ!絶対に諦めない心の大切さとは?

0

0

0



sick-banner

fujishiro03

長期連載、アニメ化確実!? ジャンプ期待の王道バトル漫画!

「週刊少年ジャンプ」で長期連載が確実視されている期待の新連載『ブラッククローバー』! 魔法の世界を舞台とした「ザ・ジャンプ」の王道ファンタジー作品です。

主人公のアスタは、生まれつき魔力が一切ないのに魔法使いの頂点である「魔法帝」を目指している熱血バカ。一方、幼馴染でライバルのユノはセンス抜群の天才魔導士でクールな高身長イケメン。15歳になると授与される魔導書(グリモワール)も、ユノは四つ葉のクローバーが刻印された伝説の魔導書に選ばれたのに、アスタは与えられもしませんでした。

魔導士として致命的欠陥を持ったアスタですが、盗賊に襲われたユノを助ける中で相手の魔法を無力化する「反(アンチ)魔法の魔導書」を手に入れます。そこには「五つ葉」の黒いクローバーが刻印されていて、身の丈ほどもある大剣が出現。魔法が使えなくても諦めず、日々のトレーニングによって鍛えられた肉体と身体能力があったからこそ振り回せるその大剣。与えられたのは、運命か宿命か。そしてアスタは「反魔法」だけで魔法帝になれるのでしょうか…?

今回は、元AKB48のそっくりさんとしてテレビ出演したこともあるふじしろさんの「人生を変えた一冊」として、本作の魅力をご紹介いただきました!

『ブラッククローバー』を読み始めたきっかけは?

ーー本作を読み始めたきっかけを教えてください。

ふじしろ
ジャンプ好きの友達に「絶対面白いから!」って熱烈に勧められたのがきっかけです。最初は電子書籍で読んでみたんですけど、「これは紙で持っておきたい!」と思ったので紙の方も買っちゃいました(笑)

ーー電子でも紙でも買うなんて、相当気に入ったんですね。

ふじしろ
もう王道ジャンプ漫画の良いところをつめ込んだ感じで、長期連載確実、アニメ化待ったなしの作品ですよ! バトルモノなので紙だと迫力も全然違って買ってよかったです。

ーー王道ジャンプ漫画ということは、主人公に明確な目標があるんでしょうか?『ONE PIECE』で言えば海賊王、『NARUTO -ナルト-』で言えば火影のような。

ふじしろ
あります! それでいうと「魔法帝」ですね。国を護る使命をもつ「魔法騎士団」の中で一人だけ選ばれる英雄です。アスタは生まれつき一切魔力がなくてまったく魔法が使えないのに「魔法帝」になるって言ってるんです。

ーーそれって相当無理のある設定ですよね…?

ふじしろ
そうなんです。だから周りもほとんど相手にしてなくて。読者としても「目指すのはいいし応援したいけど、魔法使えないって致命的すぎるでしょ、どうすんの?」って感じです(笑)今は「反(アンチ)魔法」っていう相手の魔法を無効化する力で戦ってますけど、それだけじゃ無理だよね?っていう。

ーー確かに「魔法が苦手」というレベルではなく「魔力がない」という設定だと、その夢を語るには無謀すぎる気がしますよね。

ふじしろ
しかも幼馴染でライバルのユノはセンス抜群の超優秀な魔導士で、今は仲良しだけど後々ぜったい敵対すると思うんです。そのときどうやって対等に戦うの?って。王道だから先の展開への想像が膨らみやすいんですけど、主人公の設定が致命的すぎるから、その不可能をどうやって覆していくのか気になるんですよね!

ーーなるほど、先がどうなるのか読めない作品とは違った意味でのワクワクがありますね。でも主人公が落ちこぼれでライバルが天才という設定は『NARUTO -ナルト-』に通じる物がありますね。

ふじしろ
そうなんです。他にも『七つの大罪』にも似てるって言われてたりしますが、王道漫画って定番の設定だからこそ王道といえるので、ある程度は仕方ないかなって思います。それらの王道要素を盛り合わせながらオリジナリティのある作品に仕上げているから、これは相当伸びるだろうって感じました。

ーーすごい説得力ありますね(笑)本当に読んでみたくなりました!

『ブラッククローバー』が人生に与えた影響とは?

ーー本作の好きなキャラクターは誰ですか?

ふじしろ
やっぱり主人公のアスタですね。生まれてこのかた魔力を持ってないのに、なんで諦めないんだろう?って思います。

ーー読者としては、あまりにも無謀な夢を掲げられても共感しづらくありませんか?

ふじしろ
そう、読者自身「いや無理だろ、フツーに諦めろよっ」て思っちゃうんですけど(笑)、魔法を使えなくても、その諦めない気持ちで少しずつ敵を打ち負かして周りを引き込んでいく姿に心動かされるんです。

ーーなるほど。そこがふじしろさんの人生を変えた要素でしょうか?

ふじしろ
そうです。私は趣味でダンスをやっているんですけど、ダンスもセンスがない人って本当にないんですよ。もちろん私自身大してあるわけじゃないんですけど、そんな自分よりもセンスのない人たちを見ていると「なんで諦めないんだろう?」ってこれまでは割と冷めた目で見てたんです。

ーーそんなシビアな目で見てたんですね(笑)

ふじしろ
でも本作を読んでちょっと考え方変わりました。センスがなくても、諦めないことに何か意味があるのかもしれないって。

ーーアスタの諦めない気持ちが作中でどう結実していくのか、まだ答えが出ていないからこそ先が気になりますね。途中で魔法に目覚めるのか、本当に反魔法だけで魔法帝になるのか…。

ふじしろ
そうなんです。アスタの生き様とその行く末を見れば、私も「諦めないことの意味」みたいなのがわかるんじゃないかなと。

ーー素晴らしいお話です。ちなみに話は変わりますが、ふじしろさんは以前AKB48のモノマネをやっていたんですよね?

ふじしろ
はい、AKB48のそっくりアイドルグループ「AKBPOID」として「有吉反省会」に出たこともあります(笑)似てないのに似てるって言ってごめんなさいって。私はたかみな役でした。

ーーそれ見ました! たかみなだけ異常に似てたって評判でしたよね。そんな有名人とは知らず、今回はご出演くださりありがとうございました!

「友情」「努力」「勝利」という少年ジャンプの三大テーマを「魔法ファンタジー」という王道テーマで描く本作。既刊2巻ながら今後の壮大な展開が予想できるだけに長期連載になること間違いなしでしょう。未来の大ヒット漫画を、是非連載初期の今からチェックしてみてください!

ライター:渡邊
カメラマン:こば犬

モデルプロフィール

fijishiro04

・名前  :ふじしろ
・生年月日:10.16
・出身  :大阪府
・趣味  :ダンス、ネイル
・他に好きなマンガ:ホイッスル!
・Twitter:@fujishiro_1016

おまけ

fujishiro05

関連するタグ
    |
    |
    icatch
    thumbnail

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


    美女マンガの最新情報をチェック!