ミステリー・ホラー  |  2015.05.17

連続ドラマ化決定!『DEATH NOTE』原作の魅力をおさらいしよう!

0

0

0



sick-banner

IMG_5075_001_2

連載終了後もメディアミックスが止まらない人気作!

累計発行部数3000万部の大ヒットマンガ『DEATH NOTE』。2006年に連載終了した後もアニメ化、実写映画化、最近では舞台化もされ、話題に事欠かない本作。次はいよいよ連続ドラマ化が決定しました。

2015年7月にスタートということでキャストは未発表ですが、今から原作を読み直しておきたい人も多いのでは?

ということで、今回は好きなマンガに『DEATH NOTE』を挙げてくれたモデルのUI(ウイ)ちゃんと一緒に、原作の魅力をおさらいしてみましょう。

IMG_5106_001_2

『DEATH NOTE』にハマったきっかけは?

ーーこちら少年マンガですが、UIさんが読み始めたきっかけはなんだったんですか?

UI
映画ですね。実写映画を見てめちゃめちゃ面白いなって思って、マンガも全巻読みました。

ーー映画から入ったんですね。主演の藤原竜也や松山ケンイチのファンだったとかですか?

UI
いや、特にそういうわけではなかったんですけど(笑)話題になってて、ストーリーが面白そうだなって思って見に行ったらハマっちゃいました。

ーー映画になる前から結構な話題作だったと思いますが、原作の存在は知らなかったんですか?

UI
知ってはいたんですけど、当時は絵が苦手だったんですよね。毒々しいというか・・・怖くて。私、カワイイ系のマンガが好きだったから(笑)

ーーなるほど。ちなみに月(ライト)とLはどちらが好きですか?

UI
Lです。月派の女の子もいたけど、私は変わり者なのに頭がキレて、冷静に月を追い詰めていくLがカッコよくて好きでした。だから7巻で死んじゃったときはすごく悲しかったです。

ーー週刊連載をリアルタイムで読んでいた私としても、Lが死ぬまでの数週間はかなり緊張感を持って読んでましたよ。あ、ちょうどその辺りのエピソードが入っているのが、今日持って来ていただいた7巻ですね。

どのエピソードが好き?

ーー1話1話が濃密で印象的なシーンが多い本作ですが、UIさんはどのシーンが好きですか?

UI
ニアの登場シーンですね。

ーーほう。

UI
もともとはLが好きだったんですけど、死んじゃった後にニアが後継者として出てきて、カワイイし頭も回るし雰囲気もあって・・・好きです。

ーーなんで登場シーンが好きなんですか? もっとニアの見せ場、たとえば相沢刑事を遠慮なくザコキャラ扱いしたり、月を「クレイジーな大量殺人犯」呼ばわりするシーンとかいろいろありそうなのに・・・。

UI
そうですね(笑)。でもLが死んでこの後どうなるんだろう?って思ったタイミングで超天才少年って感じで出てきたのでカッコよかったんです。

ーー頭がいい人が好きなんですね。そしたら月も頭いいのに・・・。

UI
月も頭よくていいんですけど、平和な世の中を作るっていう最初の思想がどんどん狂っていっちゃったなって。

ーー確かに、かなり早い段階で犯罪者じゃなくても邪魔をする者は躊躇なく殺すようになりましたからね。

UI
それは月の中では正義だったんでしょうけど・・・。

ーーちなみに月は女性に対してかなり上から目線の、例えば「ふっ 女なんて簡単なもんだ」のような発言をしますが、その点女性から見てどうですか?

UI
イヤですね(笑)そういうところも、最初の頃の月とは変わっちゃったんだなって思いました。だからやっぱりLとニアが好きなんです。

ーーそこに落ち着くわけですね(笑)ちなみに余談ですが、私こないだ舞台版の『DEATH NOTE』観てきたんですよ。

UI
えー!いいなぁ。

ーーL役が小池徹平くんなんですけど、雰囲気も声質もしゃべり方も歩き方もものすごくハマってて、歌もうまいしすごくよかったです。

UI
月は?

ーー月は原作のイメージとはかなり違いましたね。リュークの登場シーンでめちゃめちゃ慌ててて、ら、月・・・? って。

UI
そうなんですね(笑)私は映画を見てるので月は藤原竜也のイメージが強いです。

ーー映画、舞台ときて7月からは連続ドラマ!まだキャストが発表されてないので、誰が月役、L役をやるのか今から楽しみですね!

ライター:渡邊
カメラマン:こば犬

モデルプロフィール

IMG_5127_001_2

・名前    :UI(うい)
・生年月日  :4.3
・出身    :東京
・職業    :ライター等
・興味ある仕事:アニメ、マンガに関わる仕事
・Twitter  :@UI_0033

おまけ

IMG_5109_001_2

|
|
icatch
thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


美女マンガの最新情報をチェック!