恋愛  |  2016.03.19

櫻井翔、蒼井優ら主演で実写映画化もされた『ハチミツとクローバー』の好きなシーン&キャラTOP3!

0

0

0



sick-banner

takako03

片思いの切なさを描く美大生たちの青春恋愛ストーリー!

 武蔵野美術大学という実在する美大を舞台にした、涙なしでは読めない青春恋愛ストーリー『ハチミツとクローバー』。テレビアニメ化、実写映画化、テレビドラマ化を実現し、累計800万部を超えた大ヒット少女漫画です。実写映画では櫻井翔さん、蒼井優さんをはじめとした豪華俳優陣が主演となったことでも話題を呼びました。

 恋愛に不器用な大学生たちが織り成す片思いの切なさや、自分の才能や生き方に迷う若者たちの姿を描く本作は、過去に友達がいなかった作者の、「こうだったらよかった」という妄想から生まれたと言います。

 今回は、大人になってから1巻を読み直してハマってしまったという、女優の鈴木貴子ちゃんに好きなシーンとキャラクターTOP3を教えてもらいました。

『ハチミツとクローバー』にハマったきっかけは?

ーー本作を読み始めたきっかけを教えてください。

鈴木貴子
実写映画化されたときに話題になっていたので、高校生の時に買っていた原作を読み直してみたんです。当時は1巻しか買ってなかったんですけど、改めて読んでみたらハマってしまって、全巻購入して読みました。

ーー高校生のときは1巻だけで止まっていたんですね。

鈴木貴子
そうなんです。たぶん当時はまだ「青春」というのがよくわかってなかったんだと思います(笑)大人になってから読んでみたらすごく共感してしまいました。

ーーどんなところに共感したんでしょう?

鈴木貴子
本作の恋愛ってみんなだいたい片思いなんですけど、「これわかるわー」みたいなエピソードがたくさんあって、片思いの切なさに共感します。あと恋愛だけじゃなく家族愛も含めて、人間模様がとても細かく描かれているのですごく感情移入できます。

ーー大人になった貴子ちゃんが共感した、オススメのシーンTOP3を教えてください。

『ハチミツとクローバー』好きなシーンTOP3

第3位 パン屋さんの父の日の企画で、お父さんの顔作りをみんなで手伝うシーン

鈴木貴子
みんな美大生なので自然と腕の競い合いになって、最終的にはこんがり焼けあがったお父さんの生首みたいになっちゃうところが好きです(笑)
鈴木貴子
他にもツイスターゲームやっていたら、色がだんだん聞いたことない色になってきたりとか、「美大あるある」的なシュールなシーンがちょくちょくあって面白いです(笑)

第2位 真山に冗談でも好きだと言えないあゆみを森田が助けるシーン

鈴木貴子
真山が社会人になってから、ご飯を食べてないみんなにおごってやるって言って、みんながふざけて「真山好き〜」と抱き合うんです。それを見たあゆみは「今ならみんなのノリにまじって自分もいけるかも」と思うんですけど、結局好きという一言が言えなくて、あゆみの自分への気持ちを知っている真山もその表情に気づいてしまうんです。
鈴木貴子
その様子を見た森田が、「真山好きだ〜」と真山を抱えてあゆみの方にぶん投げて、周りを爆笑させて場を和ませて、あゆみの気持ちを救ってあげるシーンです。

第1位 最終章、竹本が盛岡に行くシーン

鈴木貴子
本当に最終回です。

ーーここはネタバレ注意ですね…!

鈴木貴子
新幹線に乗るときにずっと片思いだったはぐの姿が見えます。はぐは竹本にパン1斤のサンドイッチのお弁当を渡すんですけど、その中には竹本の幸せを願った四つ葉のクローバーがたくさん入っていて…。
鈴木貴子
前にみんなが慕ってた大学の花本先生が、海外に行く時に四つ葉のクローバーをみんなで探すシーンがあるんですが、そのときは半日かかっても結局見つからなかったんです。その四つ葉のクローバーをはぐが1人でこんなにたくさん自分の幸せを願って見つけてくれたんだっていうシーンです。一巻から読んでるとたまらなく泣けます。。

ーーどのシーンも、言葉の説明だけでも心温まる素敵なシーンであることが伝わってくるのがすごいですね。最後に好きなキャラクターTOP3を教えてください。

『ハチミツとクローバー』好きなキャラクターTOP3

第3位 山田あゆみ

鈴木貴子
美人でスタイル抜群で芸術の才能もあって、さらに美乳の持ち主という完璧さなのに、恋が叶わない女の子です。真山への想いが切なすぎてよく共感してました。こんなに片思いが脈々と伝わる人物はいないんじゃないかと。。でもいじいじしてなくて、悲しいことがあると爆食いしちゃうところがまた良いです!

第2位 竹本の義理の父カズさんと森田

鈴木貴子
2位は2人います(笑)1人目のカズさんは「好きな男性のタイプ」2位でもあります。
鈴木貴子
思ったことを素直に伝えられて、人柄が温かくて、人望も厚い、どこまでもまっすぐな人です。そんなカズさんは死んでしまった竹本のお父さんとは真逆なタイプなので、最初竹本は苦手意識を持っていたんです。竹本の気持ちもわかるし、『ハチクロ』はなんでこんなに人間の想いが複雑に絡む漫画なんだ〜って思いました。そんな竹本をカズさんがバッティングセンターに連れていってあげるところは好きなシーンでもあります。
鈴木貴子
2位の2人目が森田です。こういう人いるー!!って感じです。変わり者でみんなを振り回して自由人なのに、意外と周りのことを見てて良いこと言ったり泣いてるところを助けてくれたり。なんだそのギャップはっていう。でもこういう人に女子は弱い気がします(笑)

第1位 リカの元旦那原田

鈴木貴子
「好きな男性のタイプ」第1位です(笑) 「あの人が笑って話すと何でも大丈夫な気がする」ってセリフがあるのですが、動物にも人にも全てに愛されているような人で、面倒見がよくて明るくて仕事もできてみたいな理想の人です。死んじゃう役なのでほんの少ししか出てこないのですが、その少しの中でも人柄の良さがよくわかるのがすごいなぁって思います。

ーー貴子ちゃんのハチクロ愛がものすごく伝わってきました。未読の方にはぜひこの感動名作を読んでいただきたいですね。本日はありがとうございました!

モデルプロフィール

takako05

・名前  :鈴木貴子
・生年月日:9/8
・出身  :東京都
・職業  :女優、ナレーター

おまけ

takako04

関連するタグ
    |
    |
    icatch
    thumbnail

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


    美女マンガの最新情報をチェック!